トイレの床をかっこよさを重視し、鏡面仕様にしたことを後悔しています

トイレの床を鏡面仕様にしたことを後悔しています。

普通のクッションフロアにすれば良かったです。

まず、なぜ鏡面にしたかというと新築の打ち合わせをしていたモデルルームのトイレの床が鏡面仕様でとてもかっこいいと感じたからです。

光沢のおかげで高級感を感じて、我が家も是非と思い鏡面仕様にしました。

しかし実際に使い出してみるも良いことがあまりなく、失敗したと思う点ばかり目につくようになりました。

まず、汚れが目立ちます。

夫は立って用をたす派なので、飛び散りがすごく目立ちます。

次に、傷もとても目立ちます。

スマホなどの硬いものを落としただけでへこんでしまい、光の加減ですごく目立ちます。

こどもが用をたす時には踏み台を持ってくるのですが、それを置くだけで擦ったようなあとが残ってしまいます。

小さな擦り傷ですがこれも光の加減ですごく目立つんです。

最後に、掃除がしにくいという点です。

我が家は衛生面を考えてトイレマットは敷かず、トイレスリッパのみを使用しています。

トイレマットがない分、床の掃除はしやすいのですがここで問題がありました。

私は使ったらトイレに流せるペーパーを掃除の時に使っているのですが、鏡面仕様の床は滑りが悪くペーパーがすぐに破れてしまうんです。

掃除の度にイライラしてしまいます。

かっこよさを求めず、普通のクッションフロアにしておけば良かったと後悔しています。

こちらもどうぞ⇒https://函館市注文住宅.com/